「バードハウス -小鳥を呼ぶ家-」展

LIXIL ギャラリー1 & 2

poster for 「バードハウス -小鳥を呼ぶ家-」展

このイベントは終了しました。

小鳥のための小さな家「バードハウス」。欧米では、庭先にバードハウスやバードフィーダー(餌やり台)を設置するなど、野鳥と身近につきあう生活が大変親しまれています。どんな庭もバードハウスやフィーダーを置くと、次第に小鳥たちの楽園へと様変わり。自然を身近にひきよせることができる装置なのです。小鳥が家にやってくる喜びに加え、色もかたちも自由自在に作る楽しみにも溢れ、バードハウスには生活に様々な彩りをもたらす要素があります。

本展では、小鳥たちのゲストハウスとして生み出されたバードハウスという、自然と人間が共生するための役割を担う小さな建築を紹介します。アメリカでは古くから小鳥をフェザード・フレンド(翼を持つ友人)と名づけ、友人を招くためのゲストハウスという意味を込めてバードハウスと呼んでいます。バードハウスは、木の穴の中に巣作りする鳥たちが、産卵や子育てのために用いるほか、暴風雨や冬の間の避難用シェルターとしても用いられます。また、長年、風雨に晒されたバードハウスは、家族の歴史と子どもの成長記録とも重なる思い出のインテリアとして、生活に憩いと安堵感を与えてくれます。

会場で、実際にカラフルでユニークな国内外のバードハウスやバードフィーダーをご覧いただき、デザインの豊富さや色彩の豊かさを是非ご体感ください。そして、この小さな家がもたらす豊かな生活を想像し、同展が自宅の庭やベランダで実践するきかっけになれば幸いです。

メディア

スケジュール

2007年12月03日 ~ 2008年02月23日
休館日:日祝日、12月29日~1月6日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use