「だれも知らなかったアルフレッド・ウォリス - ある絵描きの物語」展

東京都庭園美術館

poster for 「だれも知らなかったアルフレッド・ウォリス - ある絵描きの物語」展

このイベントは終了しました。

アルフレッド・ウォリス(1855-1942)は、イギリス、コーンウォールの港町、セント・アイヴスで船具商を営み、70歳になってから独学で絵を描き始めた異色の画家です。その発見のきっかけは、1928年、セント・アイヴスを訪れた二人の画家、ベン・ニコルソンとクリストファー・ウッドが偶然ウォリスの家の前を通りかかり、壁に掛かった彼の絵を眼にしたことによります。その作品は船乗り、船具商としての前半生を反映するように、荒海を航行する帆船や蒸気船、灯台、セント・アイヴスの港や街の情景などを、ボール紙の切れ端や板に船舶用のペンキで描いたもので、現代の美術が失った素朴な味わいに満ちています。

本展ではケンブリッジ大学、テート・ブリテン等が所蔵するウォリスの絵画・素描約80点、ニコルソン、ウッドの作品約10点、関連資料により、その生涯と芸術の全体像をわが国で初めて紹介します。
ロマンティックな情感に溢れた船の浮かぶ海景や、愛らしい動物や鳥、小さな家が描き込まれたセント・アイヴスの風景は、多くのひとの心を捉えるに違いありません。

関連イベントに関しては、ウェブサイトをご覧ください。

メディア

スケジュール

2007年02月03日 ~ 2007年03月31日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use