嵯峨篤 + 小池一馬 + ディディエ・クールボ 「Casino Royale」

スカイ・ザ・バスハウス

このイベントは終了しました。

評論家やキュレーターではない一般の鑑賞者の意見として、アートピースは見たままが全てだという声と、その背後に感じられる作家独自のコンセプトを感じ取るべきだという発言のいずれもよく耳にします。ここにいる3人の比較的若手の作家、嵯峨篤、小池一馬、ディディエ・クールボの作品を目の前にした時、作品はそれぞれの質感を持って鑑賞者にアプローチしてきますが、手法、あるいはその作品の外観としてはそれぞれ全く違う方向性をもった作品として捉えられることでしょう。しかし、その作品の背後にあるそれぞれの作家の声に耳を傾けたとき、不思議なことにバラバラに見えていたそれぞれの作品が、ある種の共通した成り立ち方をして出来上がってきたことを感じます。

嵯峨篤が工業製品かと見まがうまでの完璧なフィニッシュで仕上げたペインティングの表面は、あまりに完璧な光沢を放つために鑑賞者の姿までを映し出してしまいます。鑑賞者の意識は一瞬作品内部にはいっていくことを拒絶されますがゆっくり時間をかけて対峙するうちに、その城塞のような表面の奥へといつのまにか招き入れられ、そこに眠る物語を見ることになるでしょう。幼少期を南米、スペインなどラテン世界で過ごしてきた小池一馬のアプローチはもっと直接的に物語世界につながっていきます。神話にも似た世界観を持ち得た平面作品と彫刻は、古代文字のような神話性をたたえており、暗い階段を下りて地下世界へ遺跡を発見しにいくような興奮を呼び覚まします。ディディエ・クールボの作品は嵯峨の作品とは反対に、鑑賞者がその世界観を共有するように招き入れるところからスタートします。写真という直接的なメディアを多用する作家ではありますが、心を傾けて作品に入っていこうとしないと彼の作品は成立しません。

この3人はそれぞれバックグラウンドも年齢もバラバラでありながら、ある種の「少年感」を残したまま大人になり、アーティストになったのではないかと感じられます。

【画像:Didier Courbot 「Rain Collector」 2007年、50x40cm】

メディア

スケジュール

2007年07月20日 ~ 2007年08月31日

Facebook

Reviews

sherpa: (2007-08-30 at 14:08)


If an exhibition devoid of any real value whatsoever is your cup of tea then look no further.
The current works at SCAI are compelling proof of the massive gap between artists producing work of quality and a cynical cash-driven art market.

As a brief disclaimer, it may be worth mentioning that I am no stranger to the notion of object-as-art, or artists whose work is sourced from a reframing of the everyday. Many artists have done so in inspiring, thought-provoking and humorous ways. One has to look no further than the complex installations or food sculptures of Fischli and Weiss, or the exquisite works of Tim Noble and Sue Webster for evidence that the "everyday" can be presented in original and surprising ways.

However 2 of the 3 artists in this sad excuse of an exhibition do no such thing.

Admittedly, on a purely technical level Atsushi Saga does a nice job of polishing his pure black paint surfaces to a mirrorlike finish, but the result is essentially identical to (and of no more interest than) my bathroom tiles. Except that these tiles are selling for the ridiculous price of 600,000 yen apiece. Or 3 identical (but smaller) ones for over a million. No joke, unless you're the gallery owners accepting "investors'" cash and laughing all the way to the bank.

They should be ashamed of themselves.

Didier Courbot's completely pointless and roughly thrown-together "sculptures" hit rock-bottom in an overwhelming lack of merit. Their vacuousness seems matched only by that of the art-buyers prepared to be suckered-in by SCAI's vile promotion of such "art" as worthwhile. That the curators have the gall to market a 5 minute handheld close-up video of the artist's hand holding (among other things) a piece of torn-up paper and a small fragment of wood for over 600,000 yen is repulsive to say the least.

It's all here. A hastily constructed arrangement of a few bits of roughly cut plywood, a bare light bulb hanging from some metal rods, a photo of a plastic cup.
Profound or thought-provoking? No.
High craftsmanship? No.
Humorous? No.
Aesthetically interesting? No.
Original? Groundbreaking? No.

Within a short time, all this work will no doubt be consigned to the rubbish bin of art history.

If the cynical marketing and obscene overpricing of vacuous "artworks" were a crime, the curators of SCAI would be serving life imprisonment.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use