児島サコ 「ザ・グローミング」

山本現代

poster for 児島サコ 「ザ・グローミング」

このイベントは終了しました。

すでにパフォーマンスや立体作品で知られている児嶋サコですが、今回の展示では新作のペインティング作品を中心にご紹介いたします。彼女の作品は一見荒く速筆で描かれたペインティングのようですが、実はその下地には、何度も描いてはいくつも塗り重ねられた後に立ち現れる最後の絵です。何度も繰り返し描き、またその上からさらに別の風景を描く・・・・たっぷりと積まれた絵具、筆を重ねることによって現れる虚ろな動物や風景は、荒々しい筆跡ですが、不要な筆はありません。児嶋サコの新しい平面作品は、暗い森のようなところでポツンと佇むもの言わぬ動物たちで、どこか孤独で、時間が止まっているような世界です。にもかかわらず描かれた動物たちはどこか愛らしく、その弱さが、筆の荒さのせいか、反って力強く感じられる、不思議な魅力をもっています。奇妙な暗い場所に佇む、静謐な動物たちを描いた新作の発表です。

メディア

スケジュール

2007年03月17日 ~ 2007年04月04日

アーティスト

児島サコ

Facebook

Reviews

donald_japantimes: (2007-03-22 at 16:03)

We make great pets
By Monty DiPietro
Japan Times New Art Scene

Imagine if you will a female Japanese artist who dresses as a hamster and scurries round amid wood chips and scraps of torn paper, wide-eyed, nibbling on croissant-size, cookie-dough "sunflower seeds." Yes, in this city with its insatiable sweet tooth for art, it does sound like yet another serving of cotton-candy cuteness.

But I took a chance on Sako Kojima's current exhibition, because her new work is executed in the comfort food of artistic media, good old-fashioned paint on canvas.

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20070322md.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use