「デザイナー・夢二の世界 ~和の雑貨から、グラフィック・デザインまで~」展

竹久夢二美術館

poster for 「デザイナー・夢二の世界 ~和の雑貨から、グラフィック・デザインまで~」展

このイベントは終了しました。

この大正ロマンの画家(1884-1934)は、デザインの分野でも生涯に渡り、自由な感性と才能を発揮しました。投稿時代から絵葉書の図案に取り組み、デビューしてからまもなく、雑誌表紙や書籍装幀も手掛け人気を得ました。また大正3年には、自らデザインした品々を扱う「港屋絵草紙店」を開店し、生活の中で身近な雑貨を幅広く制作していきました。さらに大正後期には、商業図案にも力を注ぎ、夢二はポスターなどのグラフィック・デザインにおいても、モダンで新鮮な意匠を次々と展開しました。和と洋の美術様式を交差させ、さらに時代の流行を先取りしながら、夢二は洗練されたデザインを創出し、暮らしを趣味良く、美しく彩りました。明治・大正期において、デザイナーの先駆的存在であったアーティストの、今なお色褪せないデザイン世界をご堪能ください。

【展示作品】
千代紙・絵封筒・便箋・絵はがき・羽子板・半襟図案・双六・ポスター・書籍装幀(著作本、雑誌等)・楽譜表紙他  計350点

■学芸員によるギャラリートーク
8月12日(日)、15:00~16:00(申込み・参加費不要)
※「武部本一郎展」のトーク終了時間の関係で、開始時間が少し遅くなる場合もございますが、ご了承下さい。

【画像:竹久夢二「新感覚ビンセン」ポスター 昭和初期】

メディア

スケジュール

2007年07月07日 ~ 2007年09月30日

アーティスト

竹久夢二

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use