ジェーン・ディクソン 「Regeneration」

東京画廊+BTAP

poster for ジェーン・ディクソン 「Regeneration」

このイベントは終了しました。

この度、東京画廊+BTAPでは、Jane Dixon(ジェーン・ディクソン)個展「Regeneration」を開催いたします。本展覧会は、ドローイングとエッチング、そして点字を使った作品、計20点が発表されます。
今回の展覧会は、2004年9月にヨコハマポートサイドギャラリーと同時開催で行われた「Under False Colours」以来、東京画廊+BTAPでは2回目の個展です。「Under False Colours」では、軍事的なイメージを用いて「欺き」と「脆弱性」をテーマにしたシリーズを発表したディクソンは、今回は「Regeneration」(再生・再建・復活)をテーマにした作品に挑みます。「Regeneration」プロジェクトは、コンセプトを明確にしており、構造上において継続的であり、有機的な主題を持っています。人間の身体、記憶、町の風景、物質、そして社会全体の脆弱性と再生・再建を、シティースケープやビル、空地などのスペースを、メタファーを用いて表現しています。ジェーン・ディクソンは、我々の存在する物質世界と集合意識の両方において、「代用する」という観念、つまりあらゆる物がいかに簡単に消失し、また消失したものがいかに簡単に置き換えられるか、ということに基づいてイメージを描きます。
制作は、2006年に作家がArts Council of England賞を受賞したことを機に始まり、その後もイギリス国内外で多数の展覧会で同シリーズの作品を発表し続けています。最近では、大英博物館のPrints and Drawings Departmentのコレクションにも収集され、2007年11月16日~2008年3月9日まで同美術館展覧会で作品が展示されています。東京画廊+BTAP開催の「Regeneration」展は、上記プロジェクトの全貌を現す初めての個展になります。また、2008年は、ブリティッシュ・カウンシル主催のUK-Japan 2008の年でもあり、現代英国のクリエイティブ文化・芸術が、イベントや展覧会などを通して日本に紹介されます。この機会に、Jane Dixonの作品をぜひご高覧ください。

オープニング・レセプション: 1月16日、18:00-20:00

[画像: 「Regeneration II (Chicago)」(2006-2007) Etching 40.5 x 58.5cm]

メディア

スケジュール

2008年01月16日 ~ 2008年02月09日

Facebook

Reviews

Ashley Rawlings tablog review

Destruction and Regeneration

TAB talks to English artist Jane Dixon, who is holding her second exhibition at Tokyo Gallery + BTAP.

Ashley Rawlings tablog review

破壊と再生

東京画廊+BTAPで二度目の展覧会を行うイギリス人アーティスト、ジェーン・ディクソンとのインタヴュー

donald_japantimes: (2008-01-25 at 15:01)

Japan Times Art Brief
By Frances Manabe

The paintings are discarded, but their traces remain embedded in the paper, layered over the marks from the buildings. These final drawings, which feel like ancient blueprints for an unfamiliar location, are a visual and temporal abstraction of memory and physicality ...

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20080117b2.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use