武部本一郎 「永遠のヒーロー・ヒロインの世界 ~紙芝居からSFアートまで~」

弥生美術館

poster for 武部本一郎 「永遠のヒーロー・ヒロインの世界 ~紙芝居からSFアートまで~」

このイベントは終了しました。

1960~70年代、SFアート界に彗星のごとく現れ、エキゾチックで繊細な抒情性をもったヒロインを描き、熱狂的な支持を得た画家の、没後初の回顧展です。1950年代より児童書の表紙・挿絵を手がけて高い評価を得たアーティストは、1965年、創元推理文庫のSF「火星のプリンセス」のカバー絵、口絵、挿絵を手がけ、新境地を開拓します。このアーティストによって命を吹き込まれた美しいヒロインとヒーロー、そして奔放なイマジネーションによって大胆に描出された物語世界は、大きな反響を呼び、遠く海外のSFファンまでをも魅了しました。本展では、一躍武部の名を知らしめた東京創元社や早川書房のSF作品の原画を中心に展示し、比肩なきSFアートの魅力をご紹介するとともに、初期に手がけた街頭紙芝居や、「ガラスのうさぎ」「かわいそうなゾウ」に代表される児童書のカバー絵・口絵・挿絵も展示し、多岐にわたるこのアーティストの世界を展観いたします。

■懐かしの街頭紙芝居実演イベント: 「海の鷹 シーホーク」(武部本一郎/画 山本梧晴/作)
日程:8月5日(日)、13:00~・14:00~・15:00~(1回約15~20分程度の実演を、一日3回行います)
会場:弥生美術館1階展示室
実演者:鈴木常勝氏
参加費:弥生美術館・竹久夢二美術館の入館料のみ。参加費は無料
尚、会場が満員になり次第、締め切らせていただきます。何卒ご了承ください。

■ギャラリー・トーク: 8月12日(日)、14:00より行います。

【画像:武部本一郎・画 創元推理文庫「火星のプリンセス」カバー絵原画 東京創元社蔵 1965年】

メディア

スケジュール

2007年07月07日 ~ 2007年09月30日
7月16日、9月17日、9月24日(月・祝)は開館、7月17日、9月18日、9月25日(火)は休館

アーティスト

武部本一郎

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use