特集陳列 「キリシタン-大航海時代のキリシタン遺物-」

東京国立博物館

このイベントは終了しました。

15世紀の終わりごろから16世紀にかけて、ポルトガルとスペインは新天地を求め、競って未知の世界への航海に出かけました。スペインは地球を西回りに、アメリカ大陸、太平洋を経て16世紀の初めにフィリピンに達しています。一方、ポルトガルは地球を東回りに、アフリカ大陸の喜望峰を経由し、16世紀の初めにマレー半島のマラッカに、1549年にはイエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエルが鹿児島の地を踏みました。

 ザビエルはわが国でキリスト教の布教を始め、九州や五畿内の諸大名がキリシタンに改宗するなど、信徒の数は次第に増えていきました。宣教師たちは本国に対し布教のための各種の聖具を送るよう依頼していたことがイエズス会の記録でわかっています。

 1579年に巡察師ヴァリニャーノが来日すると、布教の体制を整備するため、セミナリオやコレジオなどの教育機関も設立されました。ここでは音楽、語学、美術などの西欧の教育が実践され、絵画などの優れた作品が制作されたと考えられています。

 この特集陳列では、大航海時代に、ポルトガル船によってもたらされ、またあるいはわが国で作られたキリシタン遺物を中心に紹介し、東西文化の交流の諸相をご覧いただきます。

メディア

スケジュール

2008年10月07日 ~ 2008年11月16日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use