エルヴィン・ヴルム 「自我 - エス - 超自我」

小山登美夫ギャラリー

poster for エルヴィン・ヴルム 「自我 - エス - 超自我」

このイベントは終了しました。

エルヴィン・ヴルムは、我々が抱く「彫刻」という概念をすっかり変えてしまう作家です。90年代から始められた代表的なシリーズ[One Minute Sculpture](1分彫刻)は、様々な被写体の人々、時には展覧会に足を運んだ鑑賞者自身さえもが、作家の指示に従って不自然なポーズをとり、文字通り一瞬だけの彫刻作品と化す作品です。
「基本的なステップは、まず永続的である、永遠であるという概念を捨ててしまうこと。彫刻は、ほんの数分、あるいは数秒の間でも続くことができるのだから。その時作品は、現在という段階へと迅速に運ばれていくんだ。」(Erwin Wurm “The artist who swallowed the world” Hatje Cantz刊より引用)
風船のように膨らんだ胴体の人間、四角い固まりと化した胴体にぴったりと衣服をまとった人間、あるいは人間の手足を持つ野菜。また、車や建築物が人間のように表情を持ち、むくむく膨らんだり溶け出したり、不思議なテクスチュアを帯びた作品もあります。一見奇矯にすら見える造型の数々は、もちろん誰にでもわかるようなあたたかなユーモアに満ちていますが、何もかもを彫刻として見立てることのできる作家の視線によって、解体され、再構築される、知的かつ冷静な作業の結果生まれたオブジェだとも言えます。

「36パーツあるこれらの彫刻は、全て僕自身だよ。このインスタレーションは全て僕の自画像だ」とエルヴィンが語るのは、なんと大小様々なキュウリです。また本展では、代表的な彫刻作品の数々-じゃがいもがニットを着ていたり、はたまた女性の下着を身に着けていたり、人間の2本の足を生やしていたり-の他、エルヴィンが2週間日本に滞在して撮りおろした写真作品も展示致します。日本では初の個展となる本展を、是非この機会にご高覧ください。

メディア

スケジュール

2008年10月04日 ~ 2008年10月25日

オープニングパーティー 2008年10月04日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

エルヴィン・ヴルム

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use