没後40年 レオナール・フジタ 展

上野の森美術館

poster for 没後40年 レオナール・フジタ 展

このイベントは終了しました。

エコール・ド・パリの寵児として活躍した世界的画家、藤田嗣治(1886〜1968)の幻の群像大作4点すべてが日本で初めて一堂に会する「レオナール・フジタ展」が開催されます。
 「ライオンのいる構図」「犬のいる構図」「争闘I」「争闘II」と名付けられたこの連作は、1928年に制作され、いずれも2点1組で縦3メートル、横6メートル。翌年「構図」のみ日本で発表されたのち所在不明で、1992年にパリ郊外の倉庫で発見された大作です。また今回は、その際見つかったパリ日本館壁画と関連する貴重な大作「馬とライオン」も、世界初公開作品として加わります。
 これら5点は藤田が最晩年を過ごしたエソンヌ県に寄贈され、仏政府が日本の国宝に相当する国家財産として認定、フランス第一級の修復家の手によって、昨秋、大規模な修復を終えました。現在、エソンヌ県ではこれらを常設展示する美術館の建設を計画中であり、本展が日本における最初で最後の一挙公開となるでしょう。
 日本人でありながらも、フランス人レオナール・フジタとしてその生涯を終えた数奇な異邦人、藤田嗣治。本展では、帰化し、カトリックの洗礼を受け改名するに至った彼の晩年にも焦点をあて、エソンヌ期のアトリエの一部を再現し、日本初公開の豊富な生活資料や作品などとともに展示。宗教画の傑作や、自身が「人生最後の仕事」として手掛けた、ランス「平和の聖母礼拝堂」のフレスコ壁画の習作群、本展のために再現されたステンドグラスも特別展示するなど、出品総数約230点(油彩約35点、水彩・ドローイング約90点、アトリエ関連作品・資料約100点)という圧倒的なスケールでその実像に迫ります。

第2、第4金曜日 午後6時からギャラリートークあり。

メディア

スケジュール

2008年11月15日 ~ 2009年01月18日
開催時間: 10:00-18:00、金曜20:00迄

アーティスト

レオナール・フジタ

Facebook

Reviews

virag: (2008-12-27)

残念ながら、1930年代後半から40年代にかけて描かれた戦争画の展示は一切行われてない。この期間、藤田と彼の内的な「日本」との関係性において、一つの重大な転換点が形成されたように思われる。
彼の晩年の作品を見る時、それ以前の作品との作風の隔たりに若干の戸惑いを覚えるのは、戦争画の欠落ゆえに藤田のバイオグラフィーを俯瞰することが困難となってしまっているためであろうか。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use