小林孝亘 「遠い光」

西村画廊

poster for 小林孝亘 「遠い光」

このイベントは終了しました。

この度の展覧会では、昼夜を通しての光の移り変わる様をテーマに、それぞれに異なる空間と要素をモチーフにした油彩11点の作品とドローイング5点で発します。川岸が朝日に染まる日常の断片的な風景を描いた「River bank」や夜の森の中に懐中電灯を持った人物のシルエットが浮かび上がる「Electric toach」、枝葉の間から漏れてくる光の中で一本の太い木にもたれかかり、前方を見据えてゆったりと座る少年を描いた「Root」など、多様な光の取り巻く様相とそれによって演出される状態とが劇的に描かれています。朝から夜までという一日の時間の振幅の中で変貌を遂げ状況に応じた多彩な表情を見せる光の気配を見る者に体感させるとともに、小林が提示する既存の「光」「もの」という主題の双方を融合させた、いわば集大成ともいうべき新たな挑戦の成果を展望いたします。

[画像: 「Root」 (2008) oil on canvas 210 x 183cm]

メディア

スケジュール

2008年11月18日 ~ 2008年12月20日

アーティスト

小林孝亘

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use