駒井哲郎 + 元田久治 + 池田俊彦 展

不忍画廊

poster for 駒井哲郎 + 元田久治 + 池田俊彦 展

このイベントは終了しました。

フォートリエ、サム・フランシス、ヴォルスなどを紹介し、コンテンポラリーギャラリーとして日本の草分けであった南画廊(故・志水楠男氏)が、1956年画廊オープン記念展として選んだのは「現代日本美術のパイオニアとしてふさわしいアーチスト、駒井哲郎」であった。更に遡る1948年、「孤独な鳥(掲載作)」が誕生、まさに孤独で孤立無援の状況下の中生み出された名作であり、当時最も新しく清冽な現代アート作品でもあった。
今展はこの名作を中心に、駒井が深く関わった東京芸大版画教室で学んだ2人の新鋭アーチストを紹介する企画です。

誰もが知っているランドマーク的な建築・風景を、廃墟の街に変えてしまう元田久治(1973〜)の作品は、退廃美を超えたクールでモダンなアート作品としてすでに国内外から高い評価を獲得しています。
池田俊彦(1980〜)は、(線ではなく)極細密な点描と腐食時間の差異により、生死を拒絶したような人物を創造します。すでに関係者の中での評価は高く、国際展での受賞や文化庁買上げ作品(「老腐人-R(掲載作)」)となっています。

[画像: 駒井哲郎「孤独な鳥」銅版画]

メディア

スケジュール

2008年08月01日 ~ 2008年09月06日
8/3〜17は夏期休廊

アーティスト

駒井哲郎元田久治池田俊彦

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use