「古写真 -古美術の記録」展

東京国立博物館

このイベントは終了しました。

明治初期、当館の前身、文部省博物局による国内の古美術品の収集と保存は、明治8年(1875)にウィーンで開催された万国博覧会への出品をひとつの目的としていました。同じように、明治期に国内外で多数開催された博覧会や展覧会は、文化財の調査と博物館への作品の集積を推しすすめるきっかけともなりました。

すでにこの頃、「写真」という記録手段が使われています。明治5年(1872)に、江戸城の撮影をし、壬申検査(じんしんけんさ)という文化財調査に写真を導入した明治政府の担当者は、記録媒体としての写真の有効性を理解していたのでしょう。彼らは博覧会や展覧会に出品された古美術品の撮影を積極的に行ない、情報を集積すると同時に外部にも伝えていったのでした。

今回の特集陳列では、『墺国維府博覧会(おうこくいふはくらんかい)出品撮影』など、明治前期にウィーンやパリで開催された万国博覧会の様子や出品作品を今に伝える写真帖、古美術の観賞会であった観古美術会(かんこびじゅつかい)に出品された作品の写真、さらに美術写真家の先駆けのひとりといえる工藤利三郎の作品を展示し、美術品の記録としての写真を紹介いたします。

メディア

スケジュール

2008年07月08日 ~ 2008年08月03日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use