今森光彦 「昆虫: 4億年の旅」

東京都写真美術館

poster for 今森光彦 「昆虫: 4億年の旅」

このイベントは終了しました。

世界の熱帯雨林、砂漠から、国内の自然環境まで、自然と人との関わりをテーマに美しい映像と親しみやすい文章で伝え続ける今森光彦。東京都写真美術館では、いま、もっとも注目されている自然写真家・今森光彦の写真展「昆虫 4億年の旅」を開催いたします。
今森は、1954年に滋賀県に生まれ、幼少期より昆虫の生態と美しさに魅了され、世界中の昆虫を求めて精力的に取材活動を続けてきました。その既成の生態写真にとらわれない独特な自然観に基づく作品群は、内外で高い評価を得ています。
近年では故郷である琵琶湖周辺を中心とした「里山」と呼ばれる空間を見つめ続け、そこにおける人と自然との共生を写真に撮り続けてきました。その仕事は、作品集にとどまることなく、「映像詩・里山 命めぐる水辺」が人々の深い感動をよびおこし、世界各国で数々のグランプリを受賞しています。
本展では、彼の代表作「世界昆虫記」「昆虫記」から、新作を含む昆虫の生態を中心に約200作品を展示。昆虫に向かう彼のまなざしは、昆虫たちの背後にある自然、さらには人間の営みにまで踏み込み、自然と人間の関連性をも浮かび上がらせます。

メディア

スケジュール

2008年07月05日 ~ 2008年08月17日

アーティスト

今森光彦

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use