渡辺克己 展

ワタリウム美術館

poster for 渡辺克己 展

このイベントは終了しました。

2006年1月29日"流しの写真屋"と呼ばれた渡辺克巳が肺炎のため65歳で死去した。残された写真は数千枚にも及ぶ膨大な量。渡辺克巳(1941-2006)は1957年、故郷岩手の高校を卒業し、写真家を目指して上京、東條会館写真部に5年間籍をおくが、程なく、あやうい世界に引きつけられていった。折しも日本中が高度成長期にさしかかろうとしていた頃だった。その頃の東京は急激な発展とその影が表裏一体だった。日本中から新宿に集まった人たちは、ギラギラとして、貪欲ですらあった時代だ。その中でも夜の新宿は特別で、人と街のエネルギーや緊張感は肌をピリピリさせるほど尖っていた。渡辺克巳の写真には、入れ墨や吠えているヤクザの人たちがいる一方、何ともいえない優しい表情の男やゲイ、娼婦達が嬉しそうにポーズを取り、ここ一番と決め登場している。
生前、渡辺克巳自身が二人の息子に残した文章がある。30年間の仕事をまとめた写真集「新宿1965-97」(新潮社1997年)が出版されたときのことである。
息子 春吉君、
世の中に悪い人はいません。悲しい人がいるだけです。春吉が大きくなってから考えてください。
息子 次郎君、
父ちゃんが32年かかって作った本です。困難がきたとき開けてみると何かヒントがあるかもしれないよ。
この言葉は何故か残された私たちにも妙に響く言葉だ。もう一度渡辺克巳の1000枚の写真を見返してみることにしよう。

-関連イベントの詳細はイベントHPをご覧下さい。

メディア

スケジュール

2008年02月09日 ~ 2008年04月20日

アーティスト

渡辺克己

Facebook

Reviews

Vicente Gutierrez tablog review

Portraits of the Underworld

Katsumi Watanabe's retrospective at the Watari Museum of Contemporary Art delves into Shinjuku's murky past and present.

sashanihon: (2008-03-11 at 20:03)

maiko: (2008-04-14 at 23:04)

新宿がやっぱり好きだと感じました。
高度経済成長と共に飛躍してきた文化や都市には
こうした人々の生きるエネルギーが幾重にも重なって
いるってことを、むさ苦しいくらいに表出されているプリントがぎっしり詰まってます。
改装前後の風林会館のパリジェンヌの喫茶店が
この頃の新宿と今の新宿の色を映し出しているようです。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use