横溝静 「I Can Feel It (But I Can't See It)」

ワコウ・ワークス・オブ・アート

poster for 横溝静 「I Can Feel It (But I Can't See It)」

このイベントは終了しました。

このたび、10月18日(土)より、当画廊におきまして、横溝静の展覧会「I CAN FEEL IT (BUT I CAN'T SEE IT)」を開催する運びとなりました。 6度目の個展となる今回は、プロスティチュートとのコラボレーションによる新作写真を発表します。

「I CAN FEEL IT (BUT I CAN'T SEE IT)」と題した今展覧会で横溝は、娼婦達の裸体をクライアントの立ち位置で撮影しています。普段働いている場所で、窓から入り込む街灯や、足下を照らすライトなど、限られた光源の中にぼんやりと浮かび上がる被写体は、巷に溢れている表層的なセクシャル・イメージとはかけ離れており、職業として身体と性行為をトレードしている彼女達の裸体は、私達を際限なく取り囲むイメージの向こう側にある実体として捉えられています。また、写真の表面に口紅など被写体本人の痕跡が残されているものもあり、視覚化することのできないフィジカルな感覚や欲望を示唆しています。 これらは写真メディアにおける女性の裸体/身体について、私達の「見る」という行為、また、「見たい」という欲望についてアイロニカル
に問いかけるものとなっています。

10月18日(土)より東京都写真美術館で開催される「オン・ユア・ボディ」展にも参加、同新作を含め、ヴェネチア・ビエンナーレ(2003)で好評を博したに映像作品「Forever (and again)」も展示致します。

メディア

スケジュール

2008年10月18日 ~ 2008年11月29日

オープニングパーティー 2008年10月18日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

横溝静

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use