「シュルレアリスムと写真:痙攣する美」展

東京都写真美術館

poster for 「シュルレアリスムと写真:痙攣する美」展

このイベントは終了しました。

1924年の活動開幕宣言以降、アンドレ・ブルトンを中心に多彩な表現世界を繰り広げた20世紀最大の芸術運動ーシュルレアリスム。それは、発祥地パリはもとより世界的な展開をみせ、純粋な視覚表現から広告、ファッションに至るまで人々の意識に深い影響を及ぼしました。本展では、写真とシュルレアリスムの関係に注目しながら、前世紀における美術表現に革命をもたらしたユニークな視覚世界をご紹介します。この壮大な芸術潮流に新たな光を当てつつ、その多面的な活動の軌跡を振り返りながら、写真の魅力に迫ります。

連続記念講演会 「写真とシュルレアリスム」
講師:巖谷國士(明治学院大学教授) 会場:東京都写真美術館1階アトリエ
プログラム
-第1部 2008年4月26日(土)、14:00~ 「マン・レイとオブジェの発見」 
-第2部 2008年4月26日(土)、16:00~ 「ナジャ、パリ、痙攣的な美」
-第3部 2008年4月27日(日)、14:00~ 「1930年代のシュルレアリスム」
-第4部 2008年4月27日(日)、16:00~ 「旅、超現実、日々の魔術」
※展覧会チケットの半券をお持ちの方は、どなたでもご参加いただけます。
※先着順。開催日の朝10時より、1階受付で整理券を発行いたします。

関連シンポジウム 「シュルレアリスムの宇宙」
2008年4月20日(日) 第1部 14:00~/第2部 16:00~
会場:東京都写真美術館1階ホール
プログラム、詳細はイベントウェブサイトをご覧下さい。
※展覧会チケットの半券をお持ちの方は、どなたでもご参加いただけます。
※先着順。開催日の朝10時より、1階受付で整理券を発行いたします。

メディア

スケジュール

2008年03月15日 ~ 2008年05月06日

Facebook

Reviews

Rachel Carvosso tablog review

Surrealism out of the Dark Room

The Tokyo Metropolitan Museum of Photography looks at the role photography had to play in the Surrealist movement.

karl: (2008-03-22 at 08:03)

The exhibition contains photographs from European Surrealists and a few Japanese. Somehow the print materials was more interesting than the photos themselves. Someone who would have a first contact with surrealism lack a lot of context to really enjoy the exhibition. The curator could have designed a better museography of this exhibition.

The big non sense of it, was Atget photos. Was it an exhibition on the surrealism or on Atget photos in Paris. The proximity in time and the fact that one of his photos was published in a surrealism print don't make it an essential part of this movement. André Breton would be in shock ;) as he used to be.

Go for seeing a few pieces but jump the boring parts. I hope the conference cycle was/is better.


tunes: (2008-04-13 at 10:04)

http://blog.livedoor.jp/tunes1/archives/51980116.html
アジェ、マン・レイ、ブラッサイ、スタイケン、日本からは安井仲治などの素晴らしい写真を見ることが出来ました。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use