木村伊兵衛 「街角/秋田」

写大ギャラリー

poster for 木村伊兵衛 「街角/秋田」

このイベントは終了しました。

東京の下町に生まれた木村伊兵衛(1901-1974年)は、こどもの頃おもちゃのボックス・カメラを手にして写真に興味を持ち、その後、アマチュア写真家として頭角をあらわし、プロとして活動していく。戦前・戦後を通じて、土門拳とともに日本の写真界に多大な功績を残した。

「ライカの名手」木村伊兵衛は1930年、日本ではまだほとんど使われていなかったライカA型を購入し、名取洋之助とともに報道写真の新しい境地を切り開いていく。また、文芸人のスナップ・ポートレイトでは、従来の型にはまったスタジオ・ポートレイトとは異なり、モデルとその環境とを的確に掴み取り、ライカの速写性を生かして、生き生きとした瞬間の表情を捉えた作品で、大きな反響を呼び起こす。戦時中・戦後は対外宣伝雑誌やカメラ雑誌等で作品を発表していくが1951年、H・カルティエ・ブレッソンの写真と出遭い、衝撃を受け、自身の方向性に大きな影響を受ける。その後は一貫して従来型の報道写真ではなく、木村独特な私的眼差しをもったスナップで「街角」、「秋田」、「新・人国記」などのシリーズを発表していく。

写大ギャラリーでは、昨年の「ヨーロッパ/中国」展に引き続いて本年1月から木村伊兵衛名作全集2(1979年、世界文化社刊)より「街角・秋田」を開催する。「街角」では戦前・戦後の東京でのスナップ、「秋田」は1952年~72年まで21回も訪れて制作した木村伊兵衛の代表作のひとつでもある。

[画像:「木場にて,東京」(1953)]

メディア

スケジュール

2008年01月23日 ~ 2008年03月09日
開場時間:10:00 ~ 20:00

アーティスト

木村伊兵衛

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use