「紫禁城」展

東京都写真美術館

poster for 「紫禁城」展

このイベントは終了しました。

宙の中心とまでいわれ、500年に渡って栄華を極めた中国「紫禁城」。1911年までは明・清24代にわたる皇帝の住居であり、政治の舞台として世界最大の皇宮でしたが、当時は一般の人々が立ち入ることは許されず、秘密のヴェールに包まれていました。
そして1900年にその姿を撮影したのが、千円札に描かれた夏目漱石の写真でも知られる日本人写真家の小川一真です。太和門、中和殿、乾清宮・・・、プラチナを使った美しく貴重なヴィンテージプリントが織り成す小川の写真を、人気中国人現代作家、候元超が撮影した現在の故宮の写真とともにご紹介いたします。

メディア

スケジュール

2008年03月29日 ~ 2008年05月18日
5月5日開館、5月7日休館

アーティスト

小川一真候元超

Facebook

Reviews

Gary McLeod tablog review

Revealing what the Internet cannot

An exhibition at the Tokyo Metropolitan Museum of Photography unveils the secrets of the Forbidden City, or rather an older window to them.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use