キム・テクサン 「風の色」

タグチファインアート

poster for キム・テクサン 「風の色」

このイベントは終了しました。

キム・テクサン(金澤相)は1958年韓国ソウル市生まれ。1985年に中央大学美術学部を卒業し、1987年に弘益大学大学院美術研究科修士課程を修了。現在高陽市在住。ソウルを中心に韓国内外で作品を発表しています。

2006年にはスイスとフランスを巡回した韓国現代美術を紹介するグループ展「シンプリー・ビューティフル」展に出品、また現在アイルランド、ポルトガル、香港を巡回中の「韓国現代美術ーTo have or to be」展にも出品するなど、現代の韓国美術を語るうえで欠かせない重要な作家のひとりとなっています。
タグチファインアートにおける今回の展示は、彼の日本で2度目の個展となります。前回は赤い色彩を中心とした作品で展示が構成されましたが、今回は彼が最近試みている複数の色彩を用いて制作した虹色の作品が出品されます。

メディア

スケジュール

2008年11月15日 ~ 2008年12月20日

アーティスト

キム・テクサン

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use