「十二の旅 感性と経験のイギリス美術」展

世田谷美術館

このイベントは終了しました。

イギリス文化にとってきわめて重要な要素であった「旅」をテーマに、12人のイギリス人芸術家に現れた様々な「旅のかたち」を紹介します。明治以来日本人を魅了してきたターナー、日本人が最も愛好する彫刻家ムーア、また来日してその自然と文化に魅せられたリーチ、ホックニー、ナッシュ、ゴールズワージーなど、本展は近代から現代へと続く日英交流の豊かな実りを新たに発見する機会ともなるでしょう。UK-Japan2008参加企画。

関連企画等詳細については、美術館ウェブサイトをご覧下さい。

メディア

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use