「生誕100年 東山魁夷展」

東京国立近代美術館

poster for 「生誕100年 東山魁夷展」

このイベントは終了しました。

東山魁夷の生誕100年を記念する展覧会を開催します。東山魁夷は、明治41(1908)年に生まれ、東京美術学校の研究科を修了したのち、ドイツ留学をはさんで帝展、文展に作品を発表しました。戦後になって、代表作《道》に見られるような平面的で単純化をきわめた作風へ展開し、風景画家としての独自の表現を確立しました。そして、自然や街を主題に「生」の営みをいとおしむかのように描いた作品、祈りの風景ともいえるほどに沈潜した精神的な深みをうかがわせる唐招提寺御影堂の障壁画などによって、戦後の日本画界に大きな足跡を残しました。東山魁夷の作品は平明でわかりやすい描写のうちに、清新な抒情性と深い精神性を湛えています。それは徹底した自然観照から生まれた心象風景であり、自身の心の奥底に潜む想いの表白にほかなりません。また同時に、その作品は日本の伝統につらなりつつ、時代に生きる感覚を確かに宿しています。東山芸術が今なお多くの人々の共感を得るのはまさにそれゆえであるといえるでしょう。
本展は、東山魁夷の代表的な本制作約100点、スケッチや習作53点(いずれも東京会場の出品数)を出品するものです。唐招提寺御影堂の障壁画からは《濤声》(部分)、《揚州薫風》を展示します。本展では、これらの作品を7つの章に分け、さらに5つの特集をもうけて紹介することで、ともすれば見落とされがちであった東山魁夷の画風の展開や、制作のプロセス、表現の特質などにも迫りたいと考えます。

[画像: 「道」(1950) 東京国立近代美術館蔵]

メディア

スケジュール

2008年03月29日 ~ 2008年05月18日

アーティスト

東山魁夷

Facebook

Reviews

Hana Ikehata tablog review

生誕100年 東山魁夷展

静謐の迫力、モノトーンの力強さ―「国民的画家」の底力を見る

donald_japantimes: (2008-05-01 at 13:05)

Painting a hazy shade of ego
By C.B. Liddell
Special to The Japan Times

What Higashiyama offers viewers is a selfish, sensually indulgent moment to themselves; enjoying an aspect of Nature, without anyone else cluttering up the scenario; a chance to switch off the other people we are all connected to and tune into ourselves ...

http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20080501a2.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use