「ネオ・トロピカリアーブラジルの創造力」展

東京都現代美術館

poster for 「ネオ・トロピカリアーブラジルの創造力」展

このイベントは終了しました。

ブラジル、サンバとサッカーが盛んな国。巨大なアマゾン、バイオ燃料の開発などエネルギー問題やエコロジーなど未来に向けて大きな役割を担う国。多くの移民を受け入れ、ハイブリッド文化を生み出しているこのユニークな国は今もっとも熱い視線を集めています。そして魅力的なのはブラジルの表現は、豊かな色彩やしなやかで有機的な形に溢れ、「生きることの喜び」を伝えていることです。カーニバルやサンバ、音楽で知られるように、ブラジルの文化は、ストリートの人々の生が即興で、そのままリズムや形になったかのように見えます。
この秋、東京都現代美術館は「ネオ・トロピカリア:ブラジルの創造力」展で、このブラジルの創造力を27組のアーティスト、クリエイターの作品を通じて紹介いたします。ブラジルでは60年代に欧米文化から脱し、独自の文化の創造を目指し「熱帯に住む者の文化のオリジナリティ」をうたった、トロピカリアという芸術運動が興りました。

「生きることはアートそのものだ」-そんなオイチシカの考えは1990年代以降のアーティストたちの中にも脈々と息づいています。リオのトロピカルな植物の花や緑をモティーフにガラスのファサードに鮮やかな壁画をつくるベアトリス・ミリャーゼス、路上のグラフィティから出発し、ユーモラスなファンタジー絵画をつくるオスジェメオス、原住民の文化をとりいれ、独自のモダニズム建築を提案した建築家リナ・ボ・バルジ、リオの色彩とキュートな形をオブジェのような服にしたてるファッションデザイナー、イザベラ・カペト。ほか、国際的に活躍している日系アーティストの作品も展示されます。
21世紀のトロピカリア-ブラジル移民100周年、「日本ブラジル交流年」を記念して開催される本展は、遠くて近いパートナー日本へむけた、ブラジルからの「元気をもたらす贈り物」となることでしょ。

アーティスト・トーク
10月22日(水)18:00~20:00 ルシア・コッホ、ベアトリス・ミリャーゼス他
10月26日(日)15:00~16:00 オスジェメオス

エディケーション・プログラム
-先生のための特別レクチャー 10月31日(金)16:00~18:00/小学生~高校の先生対象
-ミュージアム・スクール(学校向け鑑賞教室)11月6日(木)~12月25日(木)の毎週火・木曜日/小学校~高校対象
-親子で楽しむギャラリー・クルーズ(体験型の鑑賞ツアー)12月6日(土)・7日(日)13:00~15:00/小学校3~6年生とその保護者対象 

ガイドスタッフによるハイライトツアー
11月1日(土)~2009年1月10日(土)以降の毎週土曜日(2009年1月3日(土)を除く)15:00~16:00

MOT美術館講座「生きることの喜び」-ブラジルの“LIFE”を見つめて
11月22日(土)今福龍太(文化人類学者)
12月14日(日)「ブラジルファッションの現在(いま)」長井美樹 (PR01.事業部 アカウントディレクター)
12月20日(土)「ミクスチャー文化の果実・ブラジル音楽の喜び」中原仁(音楽プロデューサー)
2009年1月12日(月・祝)「"カポエィラ"体験会」八谷和彦(アーティスト)+南城充/カポエイラアシューダバイア(カポエイラグループ)
*各日15:00~

メディア

スケジュール

2008年10月22日 ~ 2009年01月12日
11月3日・24日、1月12日は開館、11月4日・25日、12月28日~1月1日は休館

Facebook

Reviews

yumisong tablog review

「ネオ・トロピカリアーブラジルの創造力」展

力強い色彩と身体性が混ざり合う展覧会

Baba Shinichi tablog review

「ネオ・トロピカリア:ブラジルの創造力」を語る~生きることはアートそのものだ

東京都現代美術館チーフ・キュレーター長谷川祐子氏にインタビュー

bdforest: (2008-11-14)

Hey, I'm not an sophisticated art critic, but I definitely had a great time at the Neotropicalia exhibit. I'm not objective here, since I love Brazil after once visiting the country and once falling in love with a Brazilian dentist, but even if you don't have a strong interest in Brazil, you will enjoy this exhibit.

Appropriately for Brazil, the exhibit was large and diverse with a range of media and points of view. Overall, the works displayed a lot of the color and optimistic energy that Brazil and Brazilians often emanate.

I especially liked Lygia Papes sculture of gold wires in a dark room--moving around the wires made the work change and move itself.

The interactive works were a lot of fun. There were a number of works and installations that you walked around in, listened to, touched, and even wore. Some people were very serious about how they interacted with the works, and some people were confused, and others just had a good time.

Ernesto Neto's big pantyhose thing was also fantastic. We spent quite a few minutes looking at it from all angles.

Perhaps not the most profound review, but go see this exhibit--you'll have a good time.

inostill: (2008-12-15)

ポスターやチケットになっているマレッペの写真、
少しだけ原色の黄色が入っていてラテンな感じがするが

全体的に特にブラジルという枠で捕える必要がない気もする。
「ネオ・トロピカリア」という言葉はブラジルのアーティストが作った言葉で、ブラジルらしさを表現した新しい芸術作品のムーブメント、
みたいな説明が最初にされていたがそれは特に必要ないのではないかと感じた。

http://www.j-love.info/ino/archives/20081213_neotropicalia.html

abzo: (2009-01-07)

現美は清澄にあるため一日に何件か回った後にみることが多い。いつも失敗したと思ってしまう。

企画展の一番最後にみる大きな空間は、大抵くつろいで作品を見るスペースになっているからだ。

次こそは、朝の早い時間から行ってゆったり作品を感じたい。

ramarama: (2009-01-16)

ネト、カンパナブラザーズ、AVAF、
リジア・クラーク、リジア・パペなど、
「あ!知ってる」という作家もちらほらいて、なんだかうれしい。
それ以外にもカラフルな作品、観客が色を飲む作品、
ありんこの皆さんの協力を得たビデオなど、楽しかったです......
http://ramarama.cocolog-nifty.com/ramarama/2009/01/post-2b9e.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use