特別展「未来をひらく: 福澤諭吉展」

東京国立博物館

poster for 特別展「未来をひらく: 福澤諭吉展」

このイベントは終了しました。

福澤諭吉(1835-1901)は、幕末明治の激動の時代を生きた思想家として、日本の近代化に大きな足跡をのこしま した。中津藩(大分県)の下級武士の家に生まれ、大坂の適塾で蘭学を学んだ福澤は、1858年、23歳の若さで江戸に蘭学塾(のちの慶應義塾)を開きます。その後、欧米各国を3回にわたって訪問。その経験をもとに『西洋事情』を著 し、さらに『学問のすゝめ』『文明論之概略』などにより、近代日本の進むべき道を提唱しました。また、当時の知識人がこぞって官職を求めたなかで、生涯、無位無冠の一市民であることを貫きました。たとえ「異端」と見ら れても、思ったことを堂々と述べる勇気と気品―福澤は、そのような姿勢にこそ、文明の進歩があると信じた思想家でした。

本展覧会は、慶應義塾創立150年を記念して開催するもので、福澤諭吉の遺品、遺墨、書簡、自筆草稿、著書などをとおして福澤の先導的な思想と活動を紹介するとともに、慶應義塾ゆかりの美術品などを展示いたします。

関連の講演会なども開催します。詳しくはHPご覧下さい。

メディア

スケジュール

2009年01月10日 ~ 2009年03月08日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use