「NFC所蔵外国映画選集 アメリカ映画史研究1」上映

東京国立近代美術館フィルムセンター

このイベントは終了しました。

フィルムセンターでは、平成14年度から15年度にかけてジョージ・イーストマン・ハウス国際写真博物館(ロチェスター)の協力により、ワーナー・ブラザースからアメリカ映画の16mmプリント・コレクションを入手、収蔵するに至りました。同コレクションは、1927年の『ジャズ・シンガー』をはじめ、戦前期を中心とするワーナー・ブラザース作品と同社が管理するMGM等の作品で構成されており、なかには日本未公開作品や再公開の機会に恵まれなかった作品も含まれています。

「京橋映画小劇場」では新たなシリーズとして「アメリカ映画史研究」を企画し、上記のコレクションから珍しい作品を選び紹介することとなりました。第1回目となる今回は、グレタ・ガルボが悲恋のヒロインを演じるメロドラマ『インスピレーション』や、ジェームズ・キャグニー主演のアクション・コメディ『運ちゃん武勇伝』、さらにはジョン・バリモアの怪演が印象的な『悪魔スヴェンガリ』、アル・ジョルソンが最後に主演したミュージカル『シンギング・キッド』(日本未公開)など、多彩なジャンルの作品9本をラインナップして、1930年代初期アメリカ映画の懐の深さをうかがい知ることのできる内容となっています。本特集を通して、アメリカ映画のさらなる魅力を発見していただければ幸いです。

本企画の上映作品はすべて16mmプリント・英語版で、日本語字幕無しでの上映となります。各作品のあらすじと解説を記したハンドアウトを上映当日、会場で配布します。

スケジュールについてはサイトをご覧下さい。

メディア

スケジュール

2008年02月22日 ~ 2008年03月09日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use