竹久夢二 「乙女によせるメッセージ」

竹久夢二美術館

poster for 竹久夢二 「乙女によせるメッセージ」

このイベントは終了しました。

明治・大正期は数多くの少女・女性雑誌が刊行された時代ですが、大正ロマンの画家・竹久夢二(1884-1934)は、乙女たちの心情を汲み取り、魅力溢れる絵と詩をはじめ、誌面を通じて様々なメッセージを贈りました。

夢二が余すことなく表現した、少女のやるせない胸の内にある恋心や憧れ、孤独な思いは、大人になる前の短い少女時代を過ごす、繊細で感受性の高い乙女たちの共感を呼びました。

近代の日本において、センチメンタルでロマン溢れるメッセージを発信し、後の抒情画家や時代の流行にも影響を及ぼした夢二は、少女文化の形成に大きな足跡を残した第一人者といえるでしょう。

本展では、少女たちの心を捉えた夢二の詩画を中心に、抒情に満ちた乙女の世界を紹介いたします。

-学芸員によるギャラリートーク
日時: 1/11(日)、2/8(日)、3/8(日)午後3時より、展示解説を行います。(申込み・参加費不要)

メディア

スケジュール

2009年01月03日 ~ 2009年03月29日

アーティスト

竹久夢二

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use