「第61回 日本アンデパンダン」展

国立新美術館

poster for 「第61回 日本アンデパンダン」展

このイベントは終了しました。

アンデパンダンとは、自立・独立を意味する言葉です。何よリも美術を創ろうとする人一人一人の創造性、個性、人間性の発揮と批判精神を大切にし、権威主義を排し、平等に大きな連帯と交流の輸をつくることをめざしています。今、憲法改悪に反対する国民運動の前進、新しい日本を求める国民の願いの広がリの中、戦争に反対し自由と民主主義を基本理念に歩んできた日本美術会・日本アンデパンダン展がこの時代に生きた証としてどう対時していくか期待されています。

広島展-広島県立美術館:4月8日〜13日
京都展-京都市美術館本館:4月22日〜27日

-シンポジウム
場所: 国立新美術館講堂
日時: 3月22日 (土) 13:30 (開場 13:00)
パネラー:萬木康博(評論家)、大島美枝子(美術家)、稲井田勇二(美術家)、渡辺柾子(美術家)、梅村哲夫(美術家)
司会: 鯨井洪、結城あつみ (費用:資料代 600円)

※その他関連イベントの詳細はイベントウェブサイトをご覧下さい。

メディア

スケジュール

2008年03月19日 ~ 2008年03月31日 14:00

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use