河野愛 「うたかたの家」

LIXIL ギャラリー1 & 2

poster for 河野愛 「うたかたの家」

このイベントは終了しました。

河野愛(Kawano Ai)さんの作品は、アンティークのドールハウスを接写撮影した写真を、布に拡大プリントした後、高さ150cm奥行き400cmの家型に仕立てたインスタレーションです。作品は天井から吊り下げられ、大きなテントが宙に浮かんでいるように見えます。私たちはそのドールハウスを実際の家のように訪問し、その中へ入ることができます。 ドールハウスは、もともと子供の玩具や邸宅を建てた時のミニチュア、家具や不動産販売の見本として生まれ、その独特の「小さきもの」としての存在が愛されてきました。河野さんの作品からは、掌中で愛でる対象が体感できるほど大きくなったことで、様々な要素が新たにクローズアップされています。壁の写真、マントルピース上の置物、椅子やテーブルの乱れに、そこで営まれていた生活や家族関係が、息を吹き返して、立ち上ってくるような生々しさに襲われます。

河野さんは美術大学で染織を専攻し、これまで古いポストカードによるファミリーツリー、黒板にチョークで家を書いた作品、無数の人形の頭部が袋の口から覗いているオブジェなど、「家」や「家族」をモチーフにした作品を制作してきました。河野さんの「家」には「幼少の記憶」=「楽園」という連想があります。河野さんにとってアンティークの家や家具は、暖かく楽しい過去を「見届けた」オブジェクトとして存在し、また、布や陶や「古いものの粉っぽい触感」も、思い出を触発する要素として大切にしています。

今展では、新作「brick wall」も合わせて展示予定です。「brick wall」は、古いポストカードの人物写真を布にプリントし、キルトのように中に綿を詰めて、長さ400cmのレンガを積んだ壁のように仕立てた作品です。今展は河野愛さんの初個展開催となります。「家」や「家族」、「時間」や「記憶」をモチーフにした作品をご覧ください。

アーティスト・トーク 2009年10月1日(木)18:00〜19:00

[画像: 「プチ・プセ 草の星」 素材:ポリエステル布 綿糸 サイズ:225×170×250㎝ 制作年:2007]

メディア

スケジュール

2009年10月01日 ~ 2009年10月24日

アーティスト

河野愛

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use