「江戸時代を旅してみよう」展

太田記念美術館

poster for 「江戸時代を旅してみよう」展

このイベントは終了しました。

江戸時代後半、旅をすることが庶民の間で広く行われるようになります。伊勢神宮へのお参りなどを最終の目的として、人々は街道を歩き、行く先々で名所へ立ち寄り、旅を楽しみました。浮世絵には、当時の最新の世相が反映されます。葛飾北斎や歌川広重、歌川国芳、溪斎英泉といった多くの絵師たちが、江戸や全国の名所、街道の様子、そして旅人たちの姿を数多く描いたのです。

今回の展示は、浮世絵に描かれたさまざまな名所を見ながら、江戸時代にタイムスリップして当時の旅人たちの気分を味わってみようというテーマで開催いたします。まず、ウォーミングアップで江戸の町を散策。次に江戸を飛び出し、街道を旅して各地の名所を巡ります。浮世絵に描かれた名所の中には、現在でも変わらずに多くの人が訪れる場所もたくさんあります。作品を見ながら、自分が訪れたことのある場所を探してみるのも興味深いでしょう。

メディア

スケジュール

2009年07月01日 ~ 2009年08月26日
7月6日、13日、21日、27日~31日、8月3日、10日、17日、24日 は休館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use