「ビュフェとアナベル -愛と美の軌跡」展

そごう美術館

poster for 「ビュフェとアナベル -愛と美の軌跡」展

このイベントは終了しました。

1999年、自ら命を絶つという衝撃的な死から10年を経たベルナール・ビュフェ(1928-1999)。繊細でありながら力強い線描と存在感溢れる作品は、現在でも人々を魅了してやみません。

1928年にパリに生まれたビュフェは、19歳でアンデパンダン展に出品し、若くしてその才能を高く評価されました。鋭い直線による構図と黒を基調とした色彩は、独特の陰鬱な雰囲気を漂わせ、ビュフェは20代で一躍パリ画壇のスターへと登りつめたのです。

そして、30歳の夏、南仏のサン・トロペを訪れた彼は、ひとりの女性と運命的な出会いをします。女性の名はアナベル。美しい容姿と洗練された身のこなしで、モデルとしても活躍していたアナベルは、初対面のビュフェとすぐに意気投合し、ふたりはその半年後に結婚。以来、ビュフェの死まで、彼らは仲睦まじく生涯を過ごしました。ビュフェはアナベルをテーマにした作品を数多く制作しており、それらはどれもみな彼女への深い愛が表現されています。

本展ではそれらの作品を中心に、デビュー間もないころの風景画や静物画、人気の「サーカス」シリーズまで、静岡県のベルナール・ビュフェ美術館の所蔵品から約60点を展覧いたします。

関連イベント等については、展覧会ウェブサイトをご覧下さい。

[画像: 「アナベル夫人」 (1959) 油彩、カンヴァス]

メディア

スケジュール

2009年07月29日 ~ 2009年08月31日
8月20日(木)、最終日は午後5時閉館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use