「自然哲学としての芸術原理」展

東京アートミュージアム

poster for 「自然哲学としての芸術原理」展

このイベントは終了しました。

本展覧会は1970年代後半に制作活動を開始した美術家たちによる自主企画展です。この歴史的な条件、つまり、ミニマル・アート、コンセプチュアル・アート以後という条件の基もとで制作を開始した私たちは、必然的に美術作品の形式と内容との連関関係を、そのもっとも基本的な条件のもとで問い直すことから制作を開始せざるをえませんでした。
このような歴史的条件を共有するとはいえ、相互の制作原理の異質性に対して自覚的でもある私たちは、ここに相集うっこと自体も問いの対象としながら、今回の連続個展と共同展示の試みをとおして、改めて芸術制作の原理的な条件を思考する機会としたいと願っています。

共同展示: 1月17日(土)〜6月21日(日)
連続個展:
第1回 1月17日(土)〜2月9日(月)鷲見和紀郎
第2回 2月11日(水)〜3月9日(月)吉川陽一郎
第3回 3月12日(水)〜4月4日(土)菊池敏直
第4回 4月5日(日)〜4月30日(木)松浦寿夫
第5回 5月2日(土)〜5月25日(月)伊藤誠
第6回 5月28日(木)〜6月21日(日)岡崎乾二郎

[画像: 鷲見和紀郎 「Evidence」 (2006)]

メディア

スケジュール

2009年01月17日 ~ 2009年06月21日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use