「古代カルタゴとローマ」展

大丸ミュージアム・東京

poster for 「古代カルタゴとローマ」展

このイベントは終了しました。

今からおよそ2800年前、ターコイズブルーの海が広がる北アフリカ地中海沿岸に、ローマ帝国を凌ぐほどの繁栄を極めた国家がありました。それが“地中海の女王”と呼ばれたカルタゴです。

彼らはエジプトやギリシアをはじめとする周辺諸国との交流により、多様な地中海文明と融合したカルタゴ独自の文化を築き上げました。中でも細かな天然石を一つ一つ敷き詰めた装飾美術“モザイク”は、カルタゴの華麗な歴史そのものといえるでしょう。

本展では9割以上が日本初公開となる、チュニジア国立博物館群の名品160余点を展示。地中海文明の結晶ともいえる美術工芸品をはじめ、優美かつダイナミックなモザイク画の大規模展示は質・量・サイズともに日本初の試みとなります。

メディア

スケジュール

2009年10月03日 ~ 2009年10月25日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use