水木しげる 「青山妖怪秋祭り」

GoFa

poster for 水木しげる 「青山妖怪秋祭り」

このイベントは終了しました。

旅絵師、浮世絵師である歌川広重の言わずと知れた名作「東海道五拾参次」の旅情世界を、現代の妖怪絵師、水木しげる氏が民話伝承に基づき土地土地にちなむ三百数十体の日本妖怪を配し新たに構築された怪奇旅情奇談である「妖怪道五十三次」。江戸・日本橋から京都・三条大橋を繋ぐ十三宿場を含めた五十五枚の絵旅の中に緻密な線画・点描を施した景の彩りに息づく妖怪たちは我がもの顔で街道に現れる。妖怪道はもう一つの日本の原風景なのかもしれない。

今年の青山GoFaがおくる水木しげる展は、秋の収穫を祝う「秋祭り」がテーマです。もちろん妖怪の秋祭り!20段の階段を上がると神饌(しんせん)がお供えしているギャラリーGoFaの入口にでる。中では、ありがたいここだけにしかない妖怪くじや、お守りも用意されています。勿論、水木しげるの大作「妖怪道五十三次」に日本橋、京都を加えた55点の全イメージの版画と鬼太郎グッズが大集合!

メディア

スケジュール

2009年09月12日 ~ 2009年09月27日

アーティスト

水木しげる

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use