野田和宏 + 真坂亮平 + 増子博子 展

トーキョーワンダーサイト・本郷

poster for 野田和宏 + 真坂亮平 + 増子博子 展

このイベントは終了しました。

TWS-Emergingは トーキョーワンダーサイト(TWS)の若手支援の一環で、トーキョーワンダーウォール(TWW)の入選者100名の中から希望者を募り、審査を経た後、TWS本郷にて個展を行う企画です。本年度は19名の若手アーティストの展示を行います。本年度第7回目となる今回は、野田和宏による「物・発動」、真坂亮平による「オニガワラウ」、増子博子による「行為の庭」の3つの個展を予定しています。

野田和宏はエレベーターなど日常生活における様々な構造物の運動に対する自らの反応や印象を出発点に、モノの根源に存在するエネルギーを発見し顕在化させるような作品を制作しています。今回の展示ではものの「始動・発進」に焦点を当て、外からの力ではなくそのもの自身によって動き出す(動き出すように見える)事象をドローイングと立体作品で展開していきます。

真坂亮平は「現実はいつも理解の範疇を超えてしまうが、空想はそれを補い無理にでも意味を与えてくれるものである。」と語り、ビニール袋などの既製品を素材に、現実と空想の狭間を創出するようなインスタレーションを制作しています。本展では、空想の産物であり、現実世界での悪のシンボルにもなっている「鬼」をテーマに空想の世界と現実の世界を行き交う「鬼」が存在する空間を表現します。

増子博子は、自然の美しさを凝縮して表現した盆栽をモチーフに、緻密で繊細な線を用い大きな画面に独自の世界感で描いた「bonsai」シリーズを制作してきました。「行為の庭」と題された本展覧会では、人間の行為の痕跡を庭に見立て、盆栽が外に広がっていくイメージで描いた作品を集めた「盆栽の庭」と、増子が"盆栽の内臓"と例える内側に広がる世界を表現した作品を展示する「冒険の庭」の二部に分けて展示構成します。

関連イベント
日時: 2009年2月14日(土)
16:00~17:00 アーティストトーク(参加自由)
17:00~19:00 交流会(参加自由)
会場: トーキョーワンダーサイト本郷

[画像: 増子博子 「心」 (2007-2008) ペン、インク、ワトソン紙、木製パネル]

メディア

スケジュール

2009年02月14日 ~ 2009年03月08日

オープニングパーティー 2009年02月14日17:00 から 19:00 まで

アーティスト

野田和宏真坂亮平増子博子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use