川元陽子 「for the present」

NANZUKA

poster for 川元陽子 「for the present」

このイベントは終了しました。

川元にとって国内のコマーシャルギャラリーでは初の個展となる本展は、川元が過去3年間に渡って描き続けてきたオイルペインティング、約20点からなる予定です。

川元は、90年代後半より独学で絵を描き始め、99年に「イラストレーション」誌のザチョイス大賞を受賞。以後、1999年に個展「Oridinary Day」(Rocket ,Tokyo)、2007年に個展「Drifter」(ATM gallery , NY)と、地道に発表を続けて参りました。自らが着目する日常的な世界の様子を、時間をかけて1枚1枚丹念に仕上げて行く川元の作品は、不思議と観るものに新鮮な驚きをもって迎えられています。あるいは、アートの論理や技術に寄らないその素朴な眼差しが、多くの人々の共感を呼ぶのかもしれません。

今回の展覧会では、日本の郊外ではどこででも見られるような風景を、独自の視点で切り取り、描いたシリーズを発表いたします。スクラップ、工業資材、山奥に捨てられた車、誰もいない工場や港といったこれらのモチーフを、川元は「見過ごされた風景」と呼んでいますが、あるいは川元の絵画は、スクラップ&ビルドを繰り返し、文明都市の最新像を体現している日本の“別の顔”を象徴しているのかもしれません。

メディア

スケジュール

2009年05月16日 ~ 2009年06月13日

オープニングパーティー 2009年05月16日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

川元陽子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use