「愛のヴィクトリアン・ジュエリー」展

Bunkamura ザ・ミュージアム

poster for 「愛のヴィクトリアン・ジュエリー」展

このイベントは終了しました。

19世紀英国ヴィクトリア時代のジュエリーと当時の華やかな生活様式は、近代ヨーロッパの宝飾文化史において極めて重要な位置づけとなるだけでなく、今も多くの人を惹き付けるエレガントな魅力にあふれています。本展では英国王室にまつわる宝飾品や著名なコレクションをはじめとする、ヴィクトリア時代を中心とした技巧を凝らしたジュエリーの数々をご紹介いたします。併せてこの時代のウェディングの装いや、英国の生活文化の一つとして広く浸透していったアフタヌーンティーの豪奢な銀器によるテーブルセッティング、さらに繊細な模様を手仕事で仕上げたアンティーク・レースなど約300点により、華麗なる英国伝統文化の粋を展開いたします。

[画像:「ヴィクトリア女王のミニアチュールペンダント」 1858年 イギリス ゴールド、シルバー、ダイヤモンド、エナメ 穐葉アンティークジュウリー美術館蔵]

メディア

スケジュール

2010年01月02日 ~ 2010年02月21日

Facebook

Reviews

Michiko Tachibana tablog review

Tiger Claws for your Brooch?

A peek at the jewelry box of Her Royal Highness Victoria’s Empire.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use