ゴーギャン 展

東京国立近代美術館

poster for ゴーギャン 展

このイベントは終了しました。

19世紀末の爛熟した西欧文明に背を向け、南海の孤島タヒチにひとり向かった画家ポール・ゴーギャン(1848-1903)。その波乱に満ちた生涯は、芸術に身を捧げた孤独な放浪の画家の典型といえるでしょう。

自らの内なる「野性」に目覚めたゴーギャンは、その特異な想像力の芽を育む「楽園」を求めて、ケルト文化の伝統を色濃く残すブルターニュ、熱帯の自然が輝くマルチニック島、ゴッホとの伝説的な共同制作の舞台となった南仏アルル、そして二度のタヒチ行と、終わりのない旅を繰り返しました。その過程で、自ずと人間の生と死、文明と野蛮といった根源的な主題に行き着きます。このような人間存在に関する深い感情や思索を造形的に表現すること、これがゴーギャンの絵画の課題だったのです。

タヒチで制作された畢生の大作「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」(1897-98)は、画家が目指した芸術の集大成であり、その謎めいたタイトルとともに、後世に残されたゴーギャンの精神的な遺言とも言えるでしょう。この展覧会は、日本初公開となるこの傑作を中心に、国内外から集められた油彩・版画・彫刻、約50点の作品を通して、混迷する現代に向けられたメッセージとして、あらためてゴーギャンの芸術を捉えなおそうとするものです。

[画像:「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」部分 (1897-98) 油彩・キャンバス ボストン美術館 Tompkins Collection-Arthur Gordon Tompkins Fund, 36.270 Photograph © 2009 Museum of Fine Arts, Boston. All rights reserved.]

メディア

スケジュール

2009年07月03日 ~ 2009年09月23日

アーティスト

ポール・ゴーギャン

Facebook

Reviews

ahshima: (2009-07-03)

早速行ってきたわけですが、スペースの広さに対して展示数が多くないので、少々物足りなさも残しましたが、一度は現物をみてみたかった「我々〜以下略」をみることが出来たので、満足。

taiyaki: (2009-07-09)

hemiol: (2009-09-05)

「我々~」もよかったですが、「純潔の喪失」は、インパクトのある作品でした。
http://hemiola.blog75.fc2.com/blog-entry-39.html

tadaoh: (2009-09-10)

行ってきました。
やはり「我々は~」はインパクトありました。

http://tadaoh.net/design/2009/07/post-505.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use