木戸涼子 「春のまなざし」

キドプレス

poster for 木戸涼子 「春のまなざし」

このイベントは終了しました。

1984年に武蔵野美術大学大学院を修了後、1986年にNY大学に留学。以降N.Y.に滞在。94年に帰国後、プリンターの木戸 均と東京に版画工房を立ち上げ、アーティストの視点から工房に関わる多くの作家をサポートし続ける傍ら、自ら制作発表を続け、これまで数々の展覧会を開催しています。

木戸涼子は主にテンペラと油彩を素材とし、絵の具のも持つ発色の美しさやマチエールの微妙なニュアンスを大切に描きます。瑞々しい色彩に彩られた世界には、柔らかな花々、軽やかな風、そして温かな笑顔などが多く登場し、人物は体を抜け出た魂のように、天や地を自由に行き交っていたりします。しかし彼女の作品には、まるで夢の一場面に遭遇したかのような既視感や、そこはかと無い安心感が不思議と漂っています。

それは、作家の視点がどこにでもあるようなさりげない日常の中に向けられているからではないでしょうか。そこには多くの人が忘れがちな、たくさんの尊いものが潜在します。彼女は豊かな感性によって、その一つ一つを見つめ直し、愛情を込めて丁寧に描き出していきます。その断片の集積が作品となり、観る人の心に、心地のよい音色となって響くのでしょう。木戸はそれが、誰にでも共通する「慈しみ」なのではないのか、と語っています。

今回の展覧会では、八ヶ岳山麓の澄んだ空気のもとに作られた小淵沢アートビレッジ内のアトリエにて、これまでに描かれた作品を一堂に会して展示しております。清々しい自然と調和した木戸涼子の作品の魅力を、存分にご堪能いただけます。

メディア

スケジュール

2009年12月04日 ~ 2010年03月18日

アーティスト

木戸涼子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use