「パレスチナの民族衣装」展

文化学園服飾博物館

poster for 「パレスチナの民族衣装」展

このイベントは終了しました。

世界最古の文明を育んだ肥沃な三角地帯の一角を占めるパレスチナ地域。聖地エルサレムを包含し、宗教と文化が複雑に交差することで現在もさまざまな問題を抱えています。

本展では、イスラエル建国以前の20世紀前半のパレスチナの民族衣装を中心に紹介します。ドレスには、花や木など身近な自然が刺繍で表されており、その文様や技法は母から娘へと伝えられていきます。特に胸に表された文様は、町や村など地域ごとに異なるため、自身のアイデンティティーをも示します。これらの衣装は、ふるさとの地を追われて難民となったパレスチナ民族の貴重な財産といえるでしょう。20世紀前半のドレスに加え、難民キャンプでの生活を余儀なくされ、伝統が失われていく20世紀後半のドレスもご覧いただきます。

衣装とともに、特徴的な装身具も展示します。銀貨や色石を使った装身具は、結婚の際に花婿から贈られるもので、装飾だけではなく、財産として、あるいはお守りの意味も持ちます。また、パレスチナ地域の衣装とともに、シリアやヨルダンなど周辺地域の民族衣装も展示し、西アジア地域に共通する衣服形態や文様表現などを見ていきます。

メディア

スケジュール

2010年01月26日 ~ 2010年03月14日

Facebook

Reviews

voidchicken: (2010-01-31)

http://voidchicke.exblog.jp/12758324/
珍しい展覧会だけど必見です!

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use