ウィリアム・メレル・ヴォーリズ 「恵みの居場所をつくる」

パナソニック 汐留ミュージアム | ルオーギャラリー

poster for ウィリアム・メレル・ヴォーリズ 「恵みの居場所をつくる」

このイベントは終了しました。

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(1880-1964)は日本近代建築史において独特の存在感を放っている建築家です。アメリカ・カンザス州に生を受け、1905(明治38)年に来日したヴォーリズは2年間、滋賀県立商業学校(現在の滋賀県立八幡商業高等学校)で英語講師を務め、その後も近江八幡の地にとどまって、幅広い活動を繰り広げました。建築事務所や現在の近江兄弟社へとつながる事業を立ち上げ、建築家や実業家として活躍する一方、地道で熱心な伝道活動を続けました。また彼は軽井沢にも拠点をもち、毎夏、避暑に訪れる外国人宣教師らと交流して人脈を拡げ、全国各地に数多くの名作建築を遺しました。ミッションスクールや教会、商業施設から個人住宅まで多岐にわたるヴォーリズ作品は、いずれもそこに集う人々への深い思いやりにあふれています。

本展では、今もなお日本に多くの愛好者をもつヴォーリズ建築の尽きない魅力を、豊富なオリジナル図面や写真、映像でご堪能いただきます。特にヴォーリズ夫妻が毎夏を過ごした軽井沢の≪浮田山荘(旧ヴォーリズ山荘)≫(1922年)を、ウォークインの原寸大模型で紹介する等、彼がめざした「理想の住空間」とは何だったのかを彼の遺した作例や言葉のなかに探ります。

[画像:「旧朝吹山荘(睡鳩荘)」(1931) 撮影:増田彰久]

メディア

スケジュール

2009年04月04日 ~ 2009年06月21日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use