興梠優護 「melting point」

CASHI

poster for 興梠優護 「melting point」

このイベントは終了しました。

興梠はセクシーな女性像を生クリームが溶けるような独特のタッチで表現する作家です。しかし、その溶けるようなタッチはモチーフ自体の甘さを表現しているわけではありません。見る者のちらちら揺れる炎のような欲望の眼差しを表しています。そのため、興梠の作品は上品な色合いや薄い絵の具の質感とは裏腹に、人間の生々しい存在感を感じさせます。

昨年8月開催のグループ展「真夏の夜の夢」にて作品を発表してから、アートフェア等に積極的に参加しつつ、更なる発展を求めて制作を行って参りました。今展は全て新作にて構成する予定です。また、会期前の2月21日から26日まで東京藝術大学にて開催される「第57回東京藝術大学卒業・修了作品展」にも新作を出品いたします。今年修士課程を修了する興梠の、更に洗練された作品群を是非ご覧下さい。

メディア

スケジュール

2009年03月06日 ~ 2009年03月28日

オープニングパーティー 2009年03月06日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

興梠優護

Facebook

Reviews

ekuu: (2009-03-23)


肉体への欲望

 表現の楽しみが、感じられた。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use