山本直彰 「帰還する風景」

平塚市美術館

poster for 山本直彰 「帰還する風景」

このイベントは終了しました。

現代日本画の世界で今最も注目を集めている画家のひとり、山本直彰(やまもとなおあき)の作品を紹介します。山本は1950年横浜に生まれました。愛知県立芸術大学大学院日本画科を修了し、新制作協会展、創画会展に出品を続け、さらに個展での発表でも注目を集めてきました。この間、創画会賞受賞(87、89、96、97年)、東山魁夷記念日経日本画大賞で入選(02,04年)、また92−93年には文化庁芸術家在外派遣研究員としてプラハに滞在しています。

このプラハ滞在が山本の作品に大きな転機をもたらしました。「DOOR」の連作に見られるように従来の日本画の表現を乗り越え、新たな絵画の可能性を切り拓くことになったのです。以後、山本はそれまで培ってきた日本画の技法を駆使しつつも、いわゆる穏健な日本画の世界から離れ、斬新かつ新鮮な絵画を発表し続けてきました。激しくも沈鬱な画面からは画家の真摯な心情が伝わると共に、現代社会の矛盾と悲劇が重層的に刻印されています。

この展覧会は各時代の代表作に加え、本展のために描かれた新作を中心に構成します。美術館では初めてとなる本展で、新鮮な魅力にあふれるその作品世界を展示いたします。

-対談 山本直彰 VS 草薙奈津子(当館館長)
日時 7月26日(日) 15:00-16:00
場所 美術館ミュージアムホール
参加 申込み不要、無料

-作家によるワークショップ 「夏休み日本画体験!」
日時 8月1日(土)、8日(土) いずれも13:00〜16:30
対象 各回 小学生20名
場所 美術館アトリエ 
参加 900円、要申込み 

-作家によるギャラリートーク
日時 8月15日(土) 14:30〜15:00(聞き手:当館学芸員)
場所 美術館展示室
申込み不要。観覧券が必要です。

メディア

スケジュール

2009年07月11日 ~ 2009年09月06日

アーティスト

山本直彰

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use