松本陽子 + 野口里佳 「光」

国立新美術館

poster for 松本陽子 + 野口里佳 「光」

このイベントは終了しました。

「光」というタイトルのもとに、現代日本を代表する二人のアーティスト、松本陽子(絵画)と野口里佳(写真)による二人展を開催いたします。

松本陽子(b.1936)は、1960年頃より抽象絵画の制作を始めますが、1960年代末に滞在したアメリカ合衆国でアクリリック(アクリル絵具)に出会い、新しい絵画の可能性を認識します。これは1980年代から1990年代にかけて実を結び、ピンクを主調とした独自の抽象絵画のスタイルを完成させました。近年では、緑の油彩画連作により、新しい境地を開いています。

1990年代初めより写真による制作活動を開始した野口里佳(b.1971)は、「フジヤマ」(1997-)などの完成度の高い連作により、早くから注目を集めました。卓抜なテーマの選択と特有の距離感をたたえた画面は、写真というメディア自体の本質に迫るものとして、国際的にも高い評価を受けており、活躍を続けています。

松本陽子と野口里佳は、手がけるメディアや表現手法、そして世代も異なっています。しかしながら、光がその作品の重要なテーマの一つとなっているという共通点を持っています。むろん光は、内外の芸術において、さまざまな意味で古くから重要な主題となってきました。そのなかでも彼女たちの表現には、光の直接的な表象をめざすという、きわめて困難な試みを見て取ることができるように思われます。展覧会では、二人の作家の作品を、近作を中心にそれぞれ個展のかたちで展示することにより、現代芸術の一つの達成を紹介いたします。

[画像: 野口里佳 「太陽#23」 (2008) Cプリント 40.3x60.3cm]

メディア

スケジュール

2009年08月19日 ~ 2009年10月19日

アーティスト

松本陽子野口里佳

Facebook

Reviews

Motoko Shima tablog review

Sayaka Shibata tablog review

「光 松本陽子/ 野口里佳」展

フォトレポートでお伝えします

JINNO: (2009-09-20)

温もりがあって、ほっとする野口里佳の「太陽」。
http://ameblo.jp/jinjin0116/entry-10336296716.html

schnobe: (2009-09-29)

Not so good

cbliddell: (2009-10-06)

hemiol: (2009-10-07)

フジヤマとアニカがよかったです。
http://hemiola.blog75.fc2.com/blog-entry-47.html

yoshihiroueda: (2009-10-11)

松本陽子作品は、オリジナリティとか芸風とかアートのマーケティングとか考えさせられる契機となった。
http://ryokan.exblog.jp/9049436/

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use