「時空をこえたオプティミスト 建築家Borek Sipekの軌跡と作品」展

東京藝術大学 大学美術館・陳列館

poster for 「時空をこえたオプティミスト 建築家Borek Sipekの軌跡と作品」展

このイベントは終了しました。

東京藝術大学と駐日チェコ共和国大使館及びチェコセンターは、このたび東京藝術大学陳列館において、Borek Sipek(ボジェック・シーペック)の国内初の大規模な企画展「時空をこえたオプティミスト 建築家Borek Sipekの軌跡と作品展」を開催致します。

Borek Sipek(1949~)は、現代プラハ発のデザインを語るとき、なくてはならないアーティストのひとりです。もともと、建築家としてキャリアを積んだ彼が、建物の内装やインテリア、照明器具、ガラス工芸、食器類など、建築物に収まる様々なものへと興味の対象を広げていったのは、自然の成り行きだったのかもしれません。その後元チェコ大統領・ハヴェル氏の絶大なる信頼を得、プラハ城の改装責任者を務めたことで、チェコ・デザイン史に不動の地位を築きます。

近年日本では、チェコの伝統的なガラス工芸のテクニックを生かした、斬新なボヘミアン・クリスタルガラスの制作で知られ、その革新的な作風にファンも増えつつあります。また現在、チェコ、ドイツ、オランダなどを中心としたヨーロッパのみならず、アメリカ、中国でも活動の拠点を持ち、アグレッシブな創作活動を続けています。

本展では、ジャンルにとらわれることなく創作活動に没頭する彼の軌跡を、建築とインテリア、そしてガラス工芸作品を中心として、代表作から新作まで約100点を展覧致します。陳列館という2層の会場構造を生かしたスペースデザインと、約2mの高さのガラスで制作した木々を階段室に並べ、まるで林の中を登るかの様な、斬新なアイディアを盛り込んだ展示手法により、独特の存在感を放つシーペック作品の数々を、この機会に是非ご体感下さい。

メディア

スケジュール

2009年09月16日 ~ 2009年10月07日
金曜日は10:00-20:00

アーティスト

Borek Sipek

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use