戸谷成雄 「ミニマルバロック VI」

シュウゴアーツ

poster for 戸谷成雄 「ミニマルバロック VI」

このイベントは終了しました。

近年、戸谷の木彫作品はチェーンソーで刻みつけられる線状の窪み、それらが重なり合うことによって作り出される無数の襞をもっています。この襞の構造によって内部と外部が浸透しあいながら形成される、多くのものが錯綜し合いながら形作るその構造を「森」と呼んできました。今回の個展の作品では彫刻的、絵画的要素の両方を含む原初的な芸術の形態であるレリーフから彫刻への変容が試みられています。直立する高さ2m、横幅1.3mの直方体の前面に刻みこまれている「森」の風景、そしてそれを背面で支える人のような塊。「洞穴体 2010」と名づけられたその作品では、「森」の風景の中に潜む「穴」と人の耳の「穴」が作品を貫通し接続されています。風景を見ることを通してその声を聴く、つまりそこでは視聴覚が未だ同義をなしています。レリーフと彫刻、視覚と聴覚がまだ未分化の状態を保っている“両性的なもの”にこそ戸谷は可能性を見出しているのです。本展では4点1組の大型作品、そしてそれらに関係するドローイングなどを展示する予定です。2006年より取り組んでいる“ミニマルバロック”シリーズの第6弾、是非ご覧ください。

メディア

スケジュール

2010年05月08日 ~ 2010年06月12日

アーティスト

戸谷成雄

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use