横山裕一 「BBF」

アラタニウラノ

poster for 横山裕一 「BBF」

このイベントは終了しました。

横山裕一は1967年宮崎県に生まれ、美大で油絵を学んだ後、自らの表現に適したメディアとして漫画を 描き始めました。これまで『ニュー土木』、『トラベル』、『NIWA』、『アウトドアー』、『ベビーブーム』など、数々の漫画作品を生み出し、国内外で高い評価を得ています。また、現在開催中の川崎市市民ミュージアムでの個展『横山裕一 ネオ漫画の全記録:わたしは時間を描いている』の他、「六本木クロッシング」(2007年 森美術館)、「City_net Asia」(ソウル市立美術館)など数多くの展覧会に参加しています。「時間を描いている」と言う、横山裕一の漫画は一般的なストーリー漫画とは一線を画します。台詞がほとんどなく、「ドドドド」、「ワー」等のオノマトペが大胆に用いられ、不可思議ながらも魅力的な空間で、クールなキャラクター達が縦横無尽にスピード感をもって動き回ります。横山自身が「ネオ漫画」と評するように、二次元のメディアの限界を軽々と超え、「時間」と「空間」が見事に描かれたその独特の表現は、観る者に新鮮な驚きと興奮をもたらし、ジャンルを超えて大きな影響を及ぼし続けています。

今回のARATANIURANOでの個展“BBF”では、先月末に発売されたばかりの横山裕一最新作品集『ベビーブームファイナル』(Akio Nagasawa Publishing)の発売を記念して、作品集出版のために横山が約2年を掛けて描き溜めてきた原画の中から、自身が厳選した作品をシルクスクリーンにして展示する他、100部限定のオリジナル作品付き特装本やTシャツも販売いたします。また、展覧会前日及び初日には公開制作も行い、ギャラリーで100号のキャンバスに挑みます。

公開制作イベント:
6月3日(木)、6月4日(金)ギャラリーで作家が新作ペインティングを公開制作します。

メディア

スケジュール

2010年06月04日 ~ 2010年07月14日

アーティスト

横山裕一

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use