:phunk 「WELCOME TO ELECTRICITY」

DIESEL DENIM GALLERY AOYAMA

poster for :phunk 「WELCOME TO ELECTRICITY」

このイベントは終了しました。

DIESEL DENIM GALLERY AOYAMAでは、このたびシンガポールを代表するコンテンポラリーアート&デザイン・チーム:phunk(ファンク)の日本での初ソロ・エキジビション"Welcome to Electricity"を開催いたします。

"ELECTRICITY"は2006年に発表されて以来、手法を変えて連作されてきた:phunkの代表作であり、彼らの尽きることない旅への憧れを投影したメガロポリス(巨大都市)です。"ELECTRICITY"には、彼らが実際におとづれ他世界中の都市のディテールがあらゆる多様性を圧し殺すことなく並存しています。

"ELECTRICITY"で歓迎されるのはグローバリゼーション・スピリット。東洋・西洋の区別がないこの都市は"Love"を共通言語とし、若い想像力をエネルギー源としています。我々はそこに、すさまじい成長のただ中にあるシンガポールという都市国家のイメージを二重写しにするでしょう。しかし、この"ELECTRICITY"には誰もが参加できます。会期中DIESEL DENIM GALLERY AOYAMAという場所が:phunkの理想とする都市空間そのものになるのです。

*7月23日(金)のオープニングから8月22日(日)まで、8.4x3メートルという本展最大の作品"ELECTRICITY"の上に、シンガポールのビデオ作家、ブライドン・タイ(Brandon Tay)がマッヒングによって閃光を走らせるスペシャル・コラボレーション上映を1ヶ月限定で行います。

メディア

スケジュール

2010年07月23日 ~ 2010年10月11日

アーティスト

:phunk

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use