第11回日本・フランス現代美術世界展

スパイラル

poster for 第11回日本・フランス現代美術世界展

このイベントは終了しました。

「美術による相互交流を通じて世界平和に貢献する」を主旨に、日本とフランス両画壇を核として多国籍画壇にも扉を開く公募展として1996年より毎年開催されている日本・フランス現代美術世界展。

これまでに外国側代表に名誉総裁にポール・アンビーユ氏、名誉会長兼運営委員長のジャン・マリー・ザッキ氏の協力のもと、フランスや日本・中国で開催されています。

第11回目の本年は公募・推薦により選出された日本人作品約250点、フランス、ロシア、スペイン、アメリカ作品31点の現代作品が集結しました。

平面作品を始め水墨、書、手工芸など多種多様な技法による約280点の作品が、現代建築から差し込む自然光と融合し、鮮やかに展示される会場はまさに圧巻の展観です。

また本展は、現代のフランスサロン界で活躍する重鎮作家の作品を間近でお楽しみいただける、数少ない機会です。美術館とは異なる「新しい」アートとの出会いは、美術愛好家でなくとも大いにお楽しみいただけます。是非お気軽にご来場下さい。

メディア

スケジュール

2010年01月22日 ~ 2010年01月24日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use