ウィリアム・ケントリッジ 「歩きながら歴史を考える そしてドローイングは動き始めた……」

東京国立近代美術館

poster for ウィリアム・ケントリッジ 「歩きながら歴史を考える そしてドローイングは動き始めた……」

このイベントは終了しました。

ウィリアム・ケントリッジ(1955年南アフリカ共和国生まれ、ヨハネスブルグ在住)は、「動くドローイング」とも呼べるアニメーション・フィルムの制作によって、1980年代後半より現在にいたるまで現代美術における映像表現を牽引し続けているアーティストです。

ケントリッジの映像作品は、木炭とパステルで描いたドローイングを部分的に描き直しながら、1コマ毎に撮影する気の遠くなるような作業から生み出されるものです。絶えず流動し変化し続けるドローイングの記録の連鎖から生まれる彼のアニメーションには、消しきれない以前のドローイングの痕跡が残され、堆積された時間の厚みをうかがわせる重厚さにあふれた表現となっています。

日本での展覧会は、ケントリッジとの3年間にわたる緊密な協力と広範な準備作業を経て実現されるもので、我が国では初の個展となります。19点の映像作品、36点の素描、63点の版画によりケントリッジの活動の全貌を紹介します。

[画像:「流浪のフェリックス」のためのドローイング「フェリックスの部屋/望遠鏡を覗くナンディ」1994年
木炭、パステル、紙 作家蔵 ©William Kentridge]

メディア

スケジュール

2010年01月02日 ~ 2010年02月14日

Facebook

Reviews

mari_chiquitita: (2010-01-12)

7 years ago, I was "casually" walking around in the Art Institute of Chicago. Only things I saw there were the things I was used to look at. It seemed like nothing was new to me.

I had been never interested in video installation, but I was a bit bored at the museum, so I decided to stop by an installation room to see what's being shown there.

I saw an animation of rough drawing moving on the screen. I had the least interest in looking at drawings at that time, I thought of stepping out of the room right away. Then the story got me into the scenes of cruel history of South Africa and the forgotten "place" of a successful business man.

As a white South African himself, Kentridge draws himself as an egoistic white South African business man, Soho and Felix who listens to people's suffering voices in South African society. He reminds us of the cruel story behind the wealthy and spoiled white South African's life. What has fattened white South African's life was the sacrifice of so many lives of native South Africans.

Living so far away from there and having such a different life from them, it would be difficult for me to feel the suffer of the people under such an unfair social structure. But Kentridge's drawing merged his strong feeling into my emotional feeling and somehow made me feel so sad, so sad about the things happening in his country.

I was so happy to see his animation works again. There were so many things to see at the exhibition as there are so many things to learn and do in this world.

JINNO: (2010-02-13)

炭による力強い筆致と×素朴なアニメーション表現=強烈な印象。http://ameblo.jp/jinjin0116/entry-10458003044.html

henacyoko: (2010-02-14)

映像作品が多いので、ご観覧には時間に余裕を持って。
http://henacyoko-art.at.webry.info/201002/article_4.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use