MOTアニュアル2010:装飾

東京都現代美術館

poster for MOTアニュアル2010:装飾

このイベントは終了しました。

「装飾」は色彩や形態と同様に、重要な造形要素であるばかりでなく、しばしば物質性を超えたひとつの精神性を象徴、表現するものです。縄文土器や装飾古墳の幾何学文様、バロックやロココの建築にみられる装飾は、単に時代の美意識が表現されているだけではなく、そのなかには空間や時間、自己の存在を問うひとつの世界観を見いだすことができます。同じように、現代のタトゥーや「ゴス」と呼ばれるファッション、あるいはより身近なデコ電などの装飾、装身行為には一種の同時代的な精神性が表現されていると言えるかもしれません。
東京都現代美術館では、時代と結びついたテーマによる同時代の若手アーティストを紹介する展覧会「MOTアニュアル」を1999年より開催しています。 10回目を迎えた今年は「装飾」をテーマとしました。装飾という造形形式が本来持っているエモーショナルな訴求力を探求する10名の精鋭たちが、繊細、あるいはダイナミックに1200㎡の空間を満たします。

[画像:青木克世《予知夢》2006年 ]

メディア

スケジュール

2010年02月06日 ~ 2010年04月11日
3/22は開館、3/23は休館

Facebook

Reviews

Kenneth Masaki Shima tablog review

Ornamentalism: Minimal isn't always better

The Museum of Contemporary Art, Tokyo's annual show this year introduces artists who the self through the "ornament".

TAB_linkr: (2010-02-22)

The Japan Times Online 2/19
by D.H Rosen

Less about ornamentation than showing innovative works, 'Neo-Ornamentalism' brings together some of Japan's best talent
http://search.japantimes.co.jp/cgi-bin/fa20100219a3.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use